VEGEtables wonDERFUL  ~ べじだふる ~


はぐくみ日記
by saccooooo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お友達ブログ
カテゴリ
以前の記事

アロマオイルの留意点(^^)

最近、子育てママ達の間で
アロマクラフトがひそかなブームになりました(o^^o)

私も久々にローション、クリームを作る事にして楽しみにしているんだけど…

私が習っているアロマスクールの知識から、
いくつか使用にあたっての留意点を記す事にしました(^^)

結構細かいかもしれないけれど、体に直接付けるものなので、念の為…


1.パッチテスト(アレルギーテスト)の勧め
使用する精油は全てパッチテストを行います。

コットンに精油を1滴とり、皮膚の弱い場所(二の腕の内側など)に付け、24時間おく。
赤く腫れたり、痒みが出なければOK。

私は最初の頃、色々テストしましたが、どれも反応が無かったので、それ以降は初めて使用する精油のテストは行っていません(^◇^;)

皮膚の敏感な旦那さんは、いくつか赤く&痒くもなりました^^;


2.精油の禁忌(使ってはいけない時、いけない精油)

例えば、妊娠中に子宮収縮作用のある精油を使うと
流産の可能性があったり、
7歳未満の乳幼児には使える精油や量が限られていたりしやす。

その他、お酒を飲んでいる時や、
ホメオパシー(代替療法の一つ)
を受けている時なんかも、禁忌の精油があります。


3.精油のB.F(ブレンドファクター)

精油にはそれぞれB.Fという、1〜7までのレベル分けのような数値が付けられています。
濃度や効能の強さなどによって振り分けられ、1(強)⇔ 7(弱)となります。

1の精油 は7の精油に比べて作用が強い為、使用量を減らします。

例えば、1の精油にブラックペッパー、
7の精油にラベンダーがありますが、
ローションにこれら2種類の精油を8滴ブレンドするとしたら、ブラックペッパー1滴、ラベンダー7滴 となります。


スクールによって指導も違うでしょうし、
市販されているアロマ本には
ここまでは書いてないと思うので、
それ程気にする必要は無いとも思いますが…
(ベビークリームにも禁忌のアロマ入りの物たくさんあります)

もし気になる点、詳しく知りたい点等ありましたら、
遠慮なくお知らせ下さい。

簡単なさわりだけですが、
参考にして貰えれば幸いです(o^^o)

是非、楽しいアロマライフを(^O^☆♪
[PR]
by saccooooo | 2012-02-04 20:39 | のっほほん
<< 一大決心!!! 元気もりもりっ! >>


最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧